初めて食べたお好み焼き大阪の思い出
Contents menu
  HOME
  歴史
  名古屋
  広島焼き






Copyright(C) Osaka As-you-like-it pancake All Rights Reserved.
 


 

   HOME



ずいぶん前ですね。
子供の大学の受験について行った時、その夜でした。
場所は忘れてしまいましたが、大阪のヒルトンホテルの近くだったような気がします。
すごく賑わっていました。

壁には、芸能人が来たと思われる写真が貼ってありました。
お好み焼きだから安いという観念は、その時にとりはらわれました。

はっきり言って、高かったです。
お好み焼きだけを食べたわけではありませんが、かなりのお値段だった記憶があります。
しかし、とてもおいしく頂きました。

ビールを飲みながらは、最高ですね。
受験が終わった日の夜でしたので、子供も美味しかったようです。
様々な具材の入った物が、ありました。
ソースがとてもおいしいですね。

あまりの美味しさに、2枚づつ食べて焼きそばも食べてしまいました。
お腹が苦しかったです。
やっぱり、大阪だなーと、思った次第です。

その後、名古屋に戻った時から、大阪の味に挑戦しましたが、上手に作れなかった思い出があります。
やっぱり、美味しものはご当地で食べなくてはね!!
 


口コミ情報
将来の夢。自分が将来どんな仕事につきたいか。これを早くつかんだ子供はその夢に向かってまっしぐらに進めるので、早く見つかった人はいいですね。実際には、やりたい事が見つからない、分からないっていう事が、悩みだっていう、中学生、高校生、大学生が多いですね。自分が本当にやりたいことってなんだろう、もっと突き詰めて考えると、自分が喜びを感じると切ってどんな時?って考えること、それを探すために行動すること。とにかく、自分で考え行動してもがいて見えてくるんでしょう。今の子供達は、生きていくために必要な物事が、すべてそろっていて、ハングリー精神がなくなってきていませんか?すべてそろえてもらって、準備完了の状態が当たり前になることって怖いことだと思います。若い頃は苦労したほうが将来につながるって年上の方からよく言われて、若い頃はその意味がまったく分からなかったんですが、最近分かる様になって来ました。苦労をする時に、人は、考え動き、そこから、いろんな事を学ぶんです。その経験が将来必ず生きてくる。これは人生経験があるからこそいえることなんですが、一生勉強ですね。税理士 名古屋で仕事をされている方も、最初から税理士になりたかったわけではなく、子供の頃、自分が将来何をしたいかが見つからなくてずいぶん悩んだそうです。高校時代に、あることで、家族が、法律を知らなかったゆえに大きな障害を抱えた事が、きっかけで、法律を学びたいと思って、大学の法学部に進んだそうです。そして、法律を知っていると知らないとではものすごい差ができることを知り、将来自分がつきたい職業が見えてきたそうです。今、税理士という仕事柄、社会で成功を収めている社長さんたちと接する機会が多く、勉強になるといわれていました。向上心を忘れず、常に前向きに生きておられる立派な方だなって思いましたよ。皆さんが今の職業につかれたのは、どんな事がきっかけでしょうか。そういう話を聞いてみるのも面白そうですね。

最近、私の近所でもソーラーパネルを取り付けている住宅が目に付くようになりました。昔は太陽光発電と聞くと身近にある電卓などの小物用品に用いられている事が多かったのですが、今では住宅に設置する人達が増えてきましたね。それだけ太陽光発電のメリットが大きいということなのでしょうか。太陽光発電をするにも様々な技術が必要で、太陽の力を借りて私たちが必要な電力を補うという発想は簡単なようで難しいものでした。やはりリサイクルなどが増えてきて、自然への考慮が重要視されている今は、そういったソーラーアイテムが注目をあびているようです。ソーラーフロンティアでも様々な太陽光発電を行っているようで、やはり昔に比べると太陽光発電に対する考えが強くなっているように感じます。大気汚染などが問題になっている今なので、私自身も小さなことから自然を大事にしたいという意識が高まってきています。身近なことでいえば、ごみのポイ捨てや使い捨てのものなど、ひとりひとりの意識が高まり、気をつけていれば環境破壊という言葉は自然となくなっていくのではないでしょうか。小さいときに親や、先生によくゆわれた物を大切にしなさいという言葉と結びついていくような気がしました。

小学生の頃の思い出なんですが、両親とも働いていたので春、夏、冬休みにはお弁当やカップ麺が用意されていたのですが作ってくれたお弁当よりもカップ麺のほうが嬉しかったっていう記憶があります。これはさすがに母には言えませでしたけど。母は健康面など少し心配していたのですが、子供ってそんなの考えないですよね。好きなものが食べられればそれで満足ですもんね。私はこんな不景気の中ありがたいことに専業主婦をしています。家族の為にいつも栄養を考えながら食事を作っています。今日は何がいいかなとかって考えるのは本当に大変なんですが私に出来る事はそれぐらいなので、毎日頑張って作っています。先日近所の方から有機野菜を頂きました。すっごく美味しくてびっくりしました。有機野菜は少しお値段が高いみたいなんですが、普通の野菜と違って肥料とか農薬とか使っていないから安心だし栄養も高いそうですよ!!最近はお値段が少し高い割りには買う人が増えているそうですよ!それだけ健康に気をつけている人が増えてきたって事ですよね。有機野菜は堆肥等による土作りを行った田畑で生産されるみたいですよ。よく無農薬野菜とかって耳にするけど、去年の農産物で散布された薬が土に残っている状態や、化学肥料が残っている状態でも、今年に無農薬で作れば無農薬野菜として売り出す事が出来るそうですよ。それを聞いて野菜を選ぶときの基準が少し変わった気がします。

毎月1日は家族で外食デーと決まっています♪今月ももう残すところあと二日。来月はどこに食べに行こうかな〜。これが楽しみで月末が嫌じゃなくなりました。前まではまた新しい月が始まる〜と嫌気がさしていたんですが(笑)いつもお父さんの意見ばかり通っているのでたまには私の意見も通して欲しいものです!しかも女と男じゃ食べたいものがかなり違いますし。お父さんはお酒が飲めて脂っこいトンカツや焼き鳥が食べられればいいって感じで私はイタリアンとかもっとさっぱりしていて尚且つたまにはこじゃれたお店でディナーをしてみたいです。記念日でもない日の外食ってなんか特別な感じがして好きなんですよね。お母さんはというとお父さんが言ったことに絶対NOといわないのであまり自分の主張はしません。ちなみに弟は焼肉 富山にいきたいと毎月言っています。焼肉でもいいんだけどな〜でもな〜なんだかな〜といったかんじです。細かいおねだりをしないとまたお父さんの意見が通ってしまう!この際焼肉でもいいか!多数決で来月はきっと勝てるはず♪こうゆう時はお母さんを味方につけるべきだな。弟と作戦をねってお父さんのご機嫌を損ねないおねだりの仕方を考えようっと!だって食事代を出すのは毎回お父さんですからね(笑)

物が溢れかえって踏み場のない部屋ってありますよね〜。実はうちの家族にもその一人がいるんですよ。私ではないんですがね?そう可愛い雑貨には目がないのは私の妹。部屋中女の子が好きそうな小物であふれかえっています。あんたこんなにいつのまに買ったのと聞けば親からもらったおこずかいをほぼ雑貨に費やしているんだとか!!ほんとに金遣いが荒いというか、好きなもののためには惜しみないというか。そこらへんは私とは違うのかもしれない。Ecoute!雑貨通販でたまに買ったりはしますが、月に一回と決めています。そんな大量のものを買ったりもしないし、大概猫のメモ帳一個とかそんな頻度です。それにくわえてうちの妹なんて、月に何度も学校帰りに友達と買い物にいって沢山雑貨をかってくるんです。しかも買ってきておいて使わないんですよ?全部観賞用だそうです。以前一度使わないんだったら私にちょーだいといった所、雑貨はつかうものじゃなくて鑑賞するものなのよ!と一刀両断されてしまいました。そんな事ないですよね〜?使わずして雑貨をどうするんだって話ですよ。

折角私が大事にしていた時計を妹がなくしてしまいました。私は激怒しまいた。何でものを大切にしないの!何で人のものを勝手に持ち出すの!と。まだ幼い5つも離れた妹に頭ごなしに怒ってしまいました。確かに無くしたのは妹ですが、妹が目に付くような場所に大切なものを出しっぱなしにしておいた私も駄目だったと後悔しています。せっかく大事な友人からもらったナースウォッチだったのにな・・。今更嘆いてもなくなってしまったものは仕方ないし、これ以上妹を怒鳴ったところで泣きじゃくるだけで時計が出てくるわけでもない。私は諦めモードでお母さんにこの話をすると、気休めにしかならないかもしれないけれど新しい時計を買ってくれるというのです。本当の友達からもらったということに意味がある時計だったのですが、その言葉が嬉しくて悲しかった気持ちが半分軽減されました。そしてお母さんが「お姉ちゃんばかりに我慢させてごめんね」と言ってくれました。その言葉に涙がぽろりぽろりと出てとまりませんでした。今までも妹に貸してなくなったり壊されたものは沢山ありました。それでも尾根得ちゃだからと今まで我慢して強がってきたのですが、今回ばかりは駄目でした。そしてお母さんの言葉と共に何かがプツリと切れてしまいました。

子供が身長計を買って欲しいとおねだりをしてきます。身長計なんて、家にあってもそのうち使わなくなった時邪魔でしかないからだめーといって逃げているのですが、息子も結構頑固でなかなか折れません。しつこすぎるってくらいおねだりをしてくるんです。この性格は一体誰に似たんだかな〜ってつぶやくと主人に間違いなく君だろうねといわれます。そういえばあたしもお父さんに木製 身長計を買って買ってとごねた覚えがあるな〜。何でそんなに欲しかったのかは今となってはもう覚えていないけれど当時は身長がのびればのびるほどかっこいい!といった印象があったので、必然的に身長計が欲しくてたまらなかったのではないでしょうか。身長計があれば毎日のように測れるから友達にも自慢が出来ますしね。しかし身長がのびて喜ぶのは中学校まで。高校に入ったら入ったで今度は身長ではなく体重やにきびなどを気にし始めるにきまっています。そうなったらいよいよ身長計なんて使い道の無いただの棒になりますからね。


痛い思いをするのはもういやです。大人になってからなる熱はとても辛いとよくききますが、それだけ体力が落ちている証拠なんでしょうね。子供の頃は体力がありあまっているから、熱なんて38度あっても普通にしてられる時がありました。今では37度の微熱ですらだるくて会社を休んでしまうくらいです。そのしんどさは子供の頃とは比べ物にならないものですしね。小さい時に歯医者 福井と似ている歯医者さんに行った事があるのですが、そこで親知らずを抜いてもらった時の痛みは今でも覚えています。世の中にこれ以上苦しい拷問はないんじゃないかとその時かんじたくらいです。しかし大人になってからもっと痛い思いをして(麻酔なしで歯を抜くというありえないやぶ医者にあたってしまった時とか)あれは序の口だったんだなと今となっては思います。それ以外にも鼻がつまって耳鼻科にいったら鼻の穴から器具を突っ込まれてしんどい思いをしたとか沢山ありますね・・。これからもっと痛い思いを沢山するんだと思うと居たたまれないんですが、子供の頃は痛覚が鈍感になっていたのかもしれません。大人になると色々と神経を働かせているから無駄に痛い痛いと思い込んでしまうのかもしれませんね・・何も知らないで純粋無垢だった頃の方が幸せだったのかも。


体の不調が出始めたのは今から半年前の10月頃でした。はじめはただの風邪だろうとほったらかしにしていたのですが、それが一ヶ月たっても治らないしむしろドンドン悪化してきているような気がすると思い、まずは近くの内科に向かいました。内診をしてもらっても特にこれといった病気は見つからなかったので、胃が悪いと言う事で胃薬と整腸剤だけもらって帰る事にしました。結局その処方された薬を飲んだのですが全くきかなかったため漢方 仙台のような漢方のお店に頼る事にしたのです。症状を言うと先生はうんうんとじっくり私の話を聞いてくれて、その後に「もしかすると精神的な事かもしれないね」と一言いい、私に合う漢方を調合してくれました。目の前で漢方の名前、効能、意味などを事細かく説明してくれたのです。最初は漢方は噂では効果が現れにくいしあまり意味がないと聞いていたので期待はしていなかったのですがそこの担当先生とのやりとりがとても気に言ったのと、先生が言う事は信じようと思えたので、信じて漢方を飲んでみようと思いました。それから数週間でぐっと効果が現れたのには驚きを隠せませんでした。先生自身も漢方は効果がうすいからねとおっしゃっていたのですがその後に、だけど今のあなたにならきっと効果が現れると思うよと付け加えてくださったのです。その言葉どおり通常は漢方は一ヶ月ほど呑まないと意味がないといわれていましたが、私の場合はわずか一週間でその効果があらわれ、それから数ヶ月飲み続けたのですが、体調もすっかりよくなり今はお守り代わりとして漢方を持っています。先生もこの調子ならきっと大丈夫だよと言ってくださりとても安心しています。

9月2日午後、越谷市で起こった竜巻の爪あとをテレビで見て、唖然としました。人間なんてひとたまりも無いですね。今回亡くなった方がいないのがせめてもの救いですが、とても怖い思いをした方たちが、トラウマにならなければと思います。竜巻で、通り道になった場所のすべてのガラスが粉々になって、人の上に飛んできました。恐ろしい事です。竜巻が起こったら、とっさに何をすればいいかを知っておくと、九死に一生を得ることもあります。今回、トイレに逃げるといいと以前何かで知っていた人がトイレに逃げて無事に助かっています。トイレから出たら、ガラスや飛んできた物が散乱していたそうです。なるべく早く、家に避難し、雨戸やシャッターを閉め、カーテンを閉め、ガラスから離れて、建物の中心の壁に囲まれたところに移動します。トイレや風呂場は、柱や壁の間隔が狭く、強度が他より高いんです。風呂場のバスタブに毛布で包まって隠れます。風呂場に窓がある場合は、トイレの方が安心です。自分の家で竜巻の時は、ここに隠れるって場所を優先順位をきめておくといいですね。クローゼットも扉が板のため、飛んできたものから守ってくれます。物が飛んできても、壁があるので安全です。ビルなど、窓に覆われている時は、地下があれば、そこに、無ければ最下階のビルの中心の部屋に。木造より鉄筋コンクリートの建物だと重いので飛びにくいです。危ないのは、体育館や倉庫などの広くて風が通りやすい場所です。柱と柱の間隔も広く危ないです。風が舞い上がって屋根を巻き上げる可能性があります。アメリカの竜巻がよく起こる地方では、家に、地下室が作ってあります。いざ竜巻が来た時に家族の身を守るシェルターとなってくれるからです。解体工事 愛知県の現場のような竜巻が通った後の状態には、言葉が出ません。天災ですから誰が悪いわけでもなく、気持ちのぶつけるところがないです。運が悪かったとしか・・・。竜巻が起こりそうな前兆を知っていると前もって逃げたり、対策が取れるかもしれないです。空が暗くなって黒い雲が近づいて、雷が鳴り出したらもしかしてって思ってください。それにプラス、大粒の雨とか、氷がふってきたら、危険度が高いです。空がいつもと違う、おかしいと思ったら、安全のために早めに対処した方がいいですね。

名古屋の探偵事務所では、名古屋周辺に以外にも全国展開で人探しを行う事ができます。依頼主にとって物凄く、大切な家族が突然家出をしてしまった場合や探して欲しい人がいる等、そのようなケースの場合はプロの力を借りる事で問題解決に向かう、確率が個人で行います、場合よりは格段に上昇する事ができます。探偵 名古屋では全国の拠点をイントラネットで結んでいる探偵事務所があり、独自のデータベースを使用しまして、北海道から沖縄まで日本全国のどんな小さな手掛かりも漏らさずに確認を出来る事ができまして、人探しや行方調査へと的確かつ正確に結び付けを行いまして、問題解決のルートに導く事が可能になります。行方不明の人を探す場合は大きく分けて二つの種類があり、所在調査がまずあり、探して欲しい人が居場所を隠していない場合に居場所が分からなくなってしまったケースになっています。依頼を行う場合は、情報量の多さではなくてどれくらいの質が情報にあるのかが重要になっています。失踪人や家出人調査ですと、居場所を秘匿を行って、人から距離を置いているケースが多いです。その場合ですと犯罪に巻き込まれる場合もありますので、プロに任せる事が安心です。